ギフトカードとは?相手に贈るメリットデメリットを解説!

ギフトカード(ギフト券)

ギフトカードは、最近非常に人気を集めている贈り物の一つです。特に何を贈れば良いか悩んでいる時や、相手の好みが分からない時には、ギフトカードがとても便利で使いやすいオプションとなります。

そんなギフトカードについて、この記事ではさまざまな視点から解説していきます。ギフトカードのメリットやデメリットを詳しくご紹介し、贈り物選びの際に役立つ情報を提供します。


ギフトカードとは?

ギフトカードは、現金の代わりに商品やサービスを購入する際に使用できるカードのことです。

(※有名なギフトカードとしては「Amazonギフト券」などがあります。>>誕生日プレゼントで「アマギフ(Amazonギフト券)」を贈るのはアリ?

一般的には、誕生日やクリスマスなどの特別なイベントの贈り物として人気があります。

ギフトカードは、受け取った人が自分の好きな商品やサービスを選ぶことができるため、プレゼントの幅が広がります。


ギフトカードの「メリット」

ギフトカードには、以下のようなメリットがあります。

1. 自由な選択ができる

ギフトカードを受け取った人は、自分の好きな商品やサービスを選ぶことができます。例えば、服や靴、家電製品、レストランや旅行など、幅広い選択肢があります。相手の好みを考える必要がなく、プレゼントを選ぶ手間も省けます。

2. 予算内で贈ることができる

ギフトカードは、あらかじめ金額がプリロードされているため、予算内で贈ることができます。自分が贈りたい金額を選ぶことができるため、相手を気遣いながらも自分の経済状況に合わせたプレゼントができます。

3. 便利なオンラインショッピングが可能

近年では、ギフトカードを利用してオンラインショッピングをすることができます。インターネット上で商品を選び、ギフトカードの番号を入力するだけで簡単に購入が完了します。さらに、配送先の指定も可能です。時間や場所に制約されずに、自分の都合の良いタイミングでプレゼントを贈ることができます。


ギフトカードの「デメリット」

ギフトカードには、以下のようなデメリットもあります。

1. 期限がある場合がある

ギフトカードには、有効期限がある場合があります。期限内に使わないと、残高が無効になってしまうため、注意が必要です。プレゼントを受け取った人は、ギフトカードの期限を確認し、適切なタイミングで利用するようにしましょう。

2. 利用できる店舗が限られている

ギフトカードは、特定の店舗でしか使えない場合があります。もし相手がその店舗の商品やサービスを利用しない場合、ギフトカードの価値は減少してしまいます。相手の好みや利用頻度を考慮して、ギフトカードの選択をすることが重要です。

3. 現金化が難しい

ギフトカードは、一度使われると現金化することが難しくなります。もし相手がその店舗の商品やサービスを必要としない場合、ギフトカードを他の人に譲るか、転売することができるかも不安です。そのため、ギフトカードを選ぶ際には、相手のニーズに合わせたものを選ぶことが大切です。


まとめ

ギフトカードは、相手に自由な選択肢を与えることができる贈り物の一つです。

選び放題の自由や未来のための貯金、プレゼントのアイデアとしての利用など、さまざまなメリットがあります。一方で、価値が制限されたり、利用先が限定されたり、デメリットがあることも考慮しなければなりません。

ギフトカードを贈る際には、相手の好みや希望を考慮しながら、最適なギフトカードを選びましょう。

>>おすすめギフトカード20選!


タイトルとURLをコピーしました