贈り物に困った時は「図書カード」特徴・メリットを紹介!

ギフトカード(ギフト券)

読書好きな心を満たす最高の贈り物、それが図書カードです。本を手に取り、その世界に没頭する時間は、私たちにとって大切な癒しの瞬間です。だからこそ、図書カードは、誰しもが喜ぶ贈り物として人気を集めています。

この記事では、図書カードの魅力と活用方法について詳しくご紹介します。

贈り物としての魅力はもちろんのこと、自分へのご褒美などの参考にしてみてください。


図書カードの特徴・メリットを紹介!

図書カードは、ギフトや記念品として人気のあるアイテムです。全国の書店や加盟店で利用できるため、図書好きの方々にとっては嬉しい存在です。

今回は、図書カードの特徴・メリットについて詳しく紹介していきます。

【全国の書店や加盟店で利用できる】

図書カードは、全国の書店や加盟店で利用することができます。自分の好きな本を購入するだけでなく、図書カードを贈り物として受け取った方も、自分の欲しい本を選ぶことができるので、とても便利です。

【さまざまな額面から選べる】

図書カードの額面は、500円や1,000円といった少額から、3,000円、5,000円、10,000円といった高額まで幅広く選ぶことができます。自分の予算や使い方に合わせて、適切な額面を選ぶことができるのも魅力です。

【豊富なデザインから選べる】

図書カードには、さまざまなデザインがあります。例えば、ピーターラビットシリーズや西洋絵画シリーズ、ディズニーシリーズなど、様々なキャラクターや風景が描かれたデザインがあります。自分の好みや贈る相手の好みに合わせて、お気に入りのデザインを選ぶことができます。

【オリジナルデザインも注文製作可能】

図書カードは、オリジナルデザインも注文製作することができます。自分や友人、家族など、特別な人への贈り物として、名前やメッセージを入れたオリジナルデザインの図書カードを作ることができます。個性的なアイテムとして、喜ばれること間違いありません。

【有効期限は10年】

図書カードの有効期限は、なんと10年間です。長期間にわたって利用することができるため、ゆっくりと本を選ぶことができます。また、使い切ることができなかった場合でも、有効期限内であれば再利用することもできます。


まとめ

図書カードは、全国の書店や加盟店で利用できる便利なアイテムです。さまざまな額面や豊富なデザインから選ぶことができ、オリジナルデザインも作ることができます。

また、10年間有効なので、長期間にわたって利用することができます。図書好きの方々にとって、欠かせないアイテムですので、自分や大切な人へのプレゼントに図書カード検討していてはいかがでしょうか^^


タイトルとURLをコピーしました